ダイビング - STWのタヒチ☆最新情報ブログ

タヒチガイド Top> タヒチガイド ブログ

ボラダイビングセンター 日本人スタッフ不在のお知らせ

2月24日(木)から4月5日(火)まで、ボラボラ島にあるダイビングショップ

『ボラダイビングセンター』の日本人スタッフのヒロコさんが不在となります。。。

その間、日本語の説明書と陽気なスタッフにて対応させていただきます。

予めご了承くださいませ。

 

 

ボラボラ便り~ダイビング情報~

タヒチボラボラのダイビングショップ ネモワールドの方から最新ダイビング情報が届きました!

気がつけば、ハイシーズンが終わってしまいました。クジラの季節が終わってしまいました。

クジラとの感動的な出逢いをご報告してからもう一年がたちました。
今年は去年に比べると、目撃回数は少なかったのですが、一回一回の内容が濃かったです。
去年のように1時間も3頭のクジラを過ごすことはありませんでしたが、やはり親子が浅瀬で休んでいるところを15分ほど覗かせてもらいました。
通常子供が一緒だと母親は警戒していて、子供を隠すように泳いだりするのですが、このときはどうもお疲れの様子で、子供をほったらかしで、
底でお休みになっていました。ほおっておかれた子供は、息継ぎを頻繁にしなければならないので、ちょくちょく水面まで上がってきては、
好奇心もあって、こちらの様子を見にきたりするのです。体のわりにつぶらな瞳をこちらに向けて、浮いたり沈んだり、回転したり、ヒレを動かしたり、
水の中をそれは気持ちよさそうに、楽しそうに、のびのびと動き回ります。
しばらくして、母親のところに下りていって、ミルクをもらっていました。
授乳して目が覚めたのか、のっそりと動き始めると、そのまま一緒に泳ぎ去っていきました。
クジラバカで、ビデオマンのサイモンがすばらしい映像を撮っています。

 後日のこと、ボートのかなり前方に潮が上がったので、近づいてみましたが、深く潜ってしまったようでした。とりあえずボートのエンジンを切ると、

「みー、みー」

という声が。

「ん?子猫?いやいや、ここは外洋、海の真ん中。ん?」

クジラを見失ったと思ったのですが、そのときもまたボートに乗っていた、クジラバカで、ビデオマンのサイモンが、水に入っていきました。
入るやいなや、水面でなにやらわめきだしました。

「ま下!すぐ下にいる!」

大きなクジラが10mほどのそこで休んでいました。そしてなにごとかつぶやいているのです。< br>

「ぼーーーーー(超低音)、みー・・・(超高音)」

猫の声と思ったのは実はクジラの声でした。
クジラ語を人間の言葉で書き表すことはできませんが、「ぼーーーーーー」というときには、こちらの体にどどどんと響いてきます。
「みー」はイルカの声をテレビなどで聞いたことあるでしょうか。あんな感じです。子猫の声です。
低音のほうは本当に体中、内臓まで、ぶぶぶぶっと振動します。ちょっとこわいくらいです。
彼は(勝手にオスだと思ってますが)どこのだれと話していたんでしょう。

 最後は10月も半ば、もうクジラも去ったかなと思ったつい昨日のことです。
ダイバーを見て、びっくりしてすばやく去っていきましたが、こっちがもう・・・・・涙がでるほどびっくりしました!


10月現在、ボラはいいお天気が続いています。水温も少し上がって26-27度です。

Filed under: ダイビング — root 5:24 PM

PAGETOP